基礎工事「根切りのチェックポイント!!」

住宅を建てる際に重要な基礎工事!!

工程事に詳しくご紹介致します。

今回は「根切り」です。

 ・建物の外周部・内周部を油圧ショベル(ユンボ)などを使い、
   地盤をGLより掘り下げ、平らに仕上げることです。

  ・ハウスメーカーによって様々な工法があります。
   外周部と内周部の掘削の高さを変えるタイプから、
   外周部と内周部の高さを変えず建物の範囲を平らに仕上げるタイプがあります。

  ・どちらの工法も問題はありませんが、仕上がりの段階が重要です。

チェックポイント


  (1)掘削完了時にぬかるみが無いか?
    足が5センチ以上潜る様なら監督に確認するのが良いでしょう。
   ・なぜ5センチ以上なのか?5センチ以上もぐると、
    掘削の仕上がりの上に敷きこむ、砕石と土が混ざり、
    強度不足やコンクリートが割れる原因になる可能性が高くなります。
  (2)ぬかるんだ土の上に、砕石を敷き込み転圧すると、
    転圧を行い締め固められている部分でも、柔らかく浮いた感じがあるはずです。
    ただし地盤改良や鋼管杭などが施工されていれば、問題ありません。
  (3)掘削完了時に平らになっているか、確認してみてください。
    極端に盛り上がっていなければ問題ありませんが、もしも盛り上がっている場合は、
    砕石が薄くなり、計算道理の地耐力が出ないでしょう。

P5150010 この写真はRES-P(単管パイプ)と呼ばれる
地盤補強が施されている根切り写真です。
矢印部分の銀色の部分に、
RES-P地盤補強がされており、
45センチに一本の間隔で単管パイプ挿してあります。
写真では解りづらいですが、
雨が降ると非常にぬかるむ土で、
土が乾いている間に砕石敷き込みが行われます。
Photo  この土地の土は山砂(やまずな)と呼ばれる土です。
掘り起こさない限り非常に硬く、
掘り起こしてもすぐ締まり、雨が降ってもぬかるむ事も無く、
非常に良い土で、住宅基礎に一番適している土だと思われます。
写真では解りずらいのですが、非常に平らに仕上げてあります。

アドバイス

掘削で重要なポイントは一番にぬかるんでいないことです。
もしもぬかるんでいる場合に地盤改良や鋼管杭が施工されていなければ、
ハウスメーカーなどに確認するのが良いでしょう。
皆様の目で十分に確認できる範囲なので、ぜひ確認してみてください。

もっと詳しく基礎工事を知りたい方は、

著者HP「住宅基礎net]へ

今回のページの内容は著者ホームページ「住宅基礎net」からの情報を掲載しています。

|

基礎工事は地盤が重要!!

住宅を建てる際に最初に重要なのは「住宅を支える地盤」

どんなに強い住宅基礎を作っても、地盤が軟弱では意味がありません。

もしも自分の土地の地盤が軟弱地盤の場合には、地盤改良等の工事を

行わなければなりません。

地盤改良にも様々な種類がありますが、

一般的な住宅で良く使われる地盤改良は、

主に3種類あります。

1 表層改良  主に1メートル程度の軟弱地盤の場合

2 柱状改良 主に4~8メートル程度の軟弱地盤の場合

3 鋼管杭  主に支持層まで差し入れる。

地盤改良にも様々な種類があり、掛かる費用もかなり違います。

しかし地盤改良の種類はご自身で選択できるのものではないので、注意が必要です。

もし土地から探してる方は、その地域の情報を良く集め、

地盤が強い処をお勧め致します。

詳しく知りたい方は著者HP「住宅基礎net]へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生コン打ち込みは「バイブレーターが最重要」

なぜ生コンの打ち込みにバイブレーターが重要なのか?

生コンの打ち込みの際に、生コンの中には空気や遊離水(余分な水)が含まれています。

その空気や遊離水を生コンの外に出す役目がバイブレーターです。

バイブレーターを使わないとコンクリートに割れや強度不足を招く可能性があります。

Baibureta2_2 立ち上がり生コン打ちの際の

バイブレーター充填工事の写真です。

   

立ち上がり生コン打ちなどは、特に割れや強度不足の傾向が強いようです。

ご自身の家の基礎が気になる場合は、職人さんや監督さんに

「生コンの締め固め工事が行われていますか?」と聞くの良いでしょう。

もっと詳しく基礎工事を知りたい方は、

著者HP「住宅基礎net]へ

生コンの打ち込みだけが気になる方は「ベース生コンクリート打ち」か

                        「立ち上がり生コン打ち」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬場の生コンは凍る可能性あり!!

寒い時期になりました・・・・

現在住宅基礎工事中の方にお教えしたいことが有ります。

冬場の生コンクリート打ちは、生コンクリートが凍る可能性があります!!

生コンが凍ると適正な強度が確保できない場合や、

コンクリートのクラック「割れ」に繋がる場合があります。

生コンは主に水・セメント・砂・砂利で出来ていて、

気温にあった適正な配合でなくてはなりません。

もし生コンに加水「シャブコン」などをしたら、強度が落ち凍る可能性があります。

生コンの配合には凍らないために「温度補正」と言うもが有り、

気温にあった凍らない生コンの配合がありますので、

安心してください。

皆様の住宅基礎工事の生コンが、適正な配合で有るかを確認することをお勧めします。

詳しく住宅基礎工事を知りたい方は、

著者HP「住宅基礎net]へ

生コンの打ち込みが気になる方は「ベース生コンクリート打ち」へ

                     「立ち上がり生コン打ち」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事情報「夏場の生コンクリートの割れを守る方法!」

夏場のコンクリートはともかく割れやすい!!

前回は夏場の生コンクリートが割れる原因をご紹介しました。

今回は割れを防ぐ方法ご紹介します。

夏場のコンクリートはともかく乾きが早く割れやすいです。

他にも色々原因があります。

今回は住宅のベタ基礎工事のベースの割れを防ぐ方法をご紹介します。

下記をご覧下さい。

1 迅速な生コンクリートの打ち込み

2 生コンの適度な強度と固さ

3 打ち接ぎ面の打説を迅速さ

4 生コンクリートの押さえ工事

5 冠水養生

以上の点を守れば生コンクリートの割れを抑える事かできます。

是非ご自身のお家の基礎を見る場合にご参考にしてください。

もっと詳しく基礎工事を知りたい方は

著者HP「住宅基礎net]も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事情報「夏場のコンクリートは割れやすい!!」

「夏場のコンクリートは危険です!!」

夏場は気温が高いため生コンクリートの乾きが非常に早く、

生コンクリート同士が接着する前に固まってしまったり、

表面が先行して固まり、気泡や水(遊離水)が生コンの外に出せなくなってしまい、

ひび割れ・ジャンカ・などを招いていしまいます。

住宅の「ベタ基礎工事」のベース部分は特に割れやすく、

注意が必要!!

割れの主な原因は下記

1 迅速な生コンクリート打説が出来ないとき

2 生コンクリート打ち接ぎ部分が固まり生コンクリートが接着できない時

3 生コンクリート打ち込み後再度コンクリートを慣らさない時

4 あまりに硬すぎる生コンクリートのため、見えない部分に隙間などがある場合

5 極端に柔らかい生コンクリートを使用し、生コンクリート内の水を、

  生コンクリートを外に出せない場合など、

様々な原因が考えられますが、正しい施工が行われれば、

生コンクリートの割れは殆どは回避できます。

次回はコンクリートの割れを防ぐ方法をご紹介します。

今すぐ知りたい方は

著者HP「住宅基礎net]で確認下さい。

他にも様々な基礎工事情報を掲載していますので、

住宅基礎net]でご確認ください。

| | コメント (0)

住宅情報「照明の特徴」

住宅を造る際に照明は非常に重要です。

蛍光灯・白熱灯とでは、電気代が違います。

電気代が安いのは蛍光灯ですが、点灯・消灯を頻繁に行う、

トイレや玄関などには、白熱灯がお勧めです。

蛍光灯の特徴

メリット

寿命が長く、電気代が白熱灯に比べ非常に安いです。

部屋全体を照らすのなら断然お勧め!

キッチンやリビングなどは特にお勧めです。

光源色も様々な物が有ります。

デメリット

点灯・消灯を繰り返すと一回の点灯・消灯で、

30分~1時間ほど寿命が短くなります。

全体的に光が広がるため、ワンポイントで光を照らしたい場所や、

柔らかい光が欲しい処にはお勧めできません。

白熱灯の特徴

メリット

最大の特徴は暖色系の暖かい光。

物を強調させたい時や、温もりの欲しい空間には特にお勧め!

影を生かした、演出も可能なので、トイレなどの小物が引き立つ、

光です。

価格も非常に安く、最後まで明るさが変わらないので、

部屋のイメージを変えることなく、落ち着いた空間を作れます。

デメリット

蛍光灯に比べ電気代が約5倍近く掛かります。

電球の寿命も短く、女性の方などは交換も大変です。

電球は非常に熱も高いため、ワット数の高い物だと、

暑く感じることもあります。

照明は部屋のイメージを大きく変えることが可能です。

照明一つで家族のイメージも変わりますよ!

様々な住宅情報を掲載している、

著者HP「住宅基礎net]も宜しくお願いします。

| | コメント (0)

住宅のコストダウンの方法「建物はなるべくシンプルに!」

住宅はなるべくシンプルの方がコストダウンにつながりますよ、

特に建物を凸凹にしないのがお勧めです。

複雑な型に建物を作ると、外壁表面積が増えたりするので、

下地材・仕上げ材のコストが余分に掛かってしまいます。

他にもありますよ、

建物が複雑で角が多いと、コーナー金具などが増え、

コストアップしてしまいます。

他には職人さんの手間などが高くなり、

コストアップに繋がることもありますので、注意が必要です。

住宅の理想は立方体の形です。

耐震性能やコストダウンに繋がります。

こだわりのある方には無理かも知れませんが・・・・

是非参考にしてください。

様々な住宅情報を掲載している、

著者HP「住宅基礎net]も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅情報「住宅工法は主に6種類」

住宅を選ぶ際に重要なのが住宅工法。

住宅工法は主に6種類です。

工法簡単な説明
木造 建物の全体を木材で造る日本の伝統的な工法。
木造工法は建物全体が軽く、自由なデザインが可能です。
ただし湿気や火に弱く基礎工事の段階から湿気防止策が必要です。
コンクリートパネル 工場でPC(プレキャスト)と呼ばれる鉄筋コンクリートのパネルを作り、
現場にてパネル同士を接合・連結させ組み上げる工法です。
鉄骨系 木材の代わりに鉄骨などの鉄系材料で建物の骨組みを作る工法。
木材より強度が高く、コンクリートよりも軽いのが鉄骨の特徴です。
ユニット ユニット住宅は工場でパネルを組み立て部屋を造り、現場にて組み立てていきます。
鉄筋系コンクリート 基礎・柱・梁・壁・床を全てをコンクリートで作ることによって、
建物の耐久性・耐震性・耐火性・遮音性能を高く造り上げます
SRC 鉄骨で形を造り、鉄筋を鉄骨に被せながら組み立て、コンクリートで固め骨組みを造ります。
出来上がった骨組みに床・壁などはめ込む工法

詳しい内容などを知りたい方は

著者HP「住宅基礎net]へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅情報「総工費で気をつけて頂きたい部分・躯体工事編」

マイホームのコストダウンを考えてる方は特に・・・

総工費はコストダウンをした方が良い部分と悪い部分が有ります。

躯体工事

躯体工事はなるべくコストダウンしないほうが良いです。

躯体工事は住宅の骨となる部分、仕上げ工事とか設備工事は、

以外に変更ができますが、躯体の部分は工事中の変更はほぼできません。

注意しましょう。

躯体工事は住宅の骨となる部分、コストが掛かるのはあたりまえです。

地震や台風などから、住宅を守るのですから・・・

設備や仕上げ工事は、材料を統一するなどのコストダウンはできますが、

躯体工事はその土地にあった、基礎工事などを行うので、

それ以下の工事は無いはずです。

躯体工事で 「極端なコストダウンが可能です」と言う、

注文住宅などには、逆に注意しましょう。

コストダウンが可能な理由はキチンと確認!

様々な住宅情報を掲載している、

著者HP「住宅基礎net]も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

住まい・インテリア