« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

住宅のコストダウンの方法「建物はなるべくシンプルに!」

住宅はなるべくシンプルの方がコストダウンにつながりますよ、

特に建物を凸凹にしないのがお勧めです。

複雑な型に建物を作ると、外壁表面積が増えたりするので、

下地材・仕上げ材のコストが余分に掛かってしまいます。

他にもありますよ、

建物が複雑で角が多いと、コーナー金具などが増え、

コストアップしてしまいます。

他には職人さんの手間などが高くなり、

コストアップに繋がることもありますので、注意が必要です。

住宅の理想は立方体の形です。

耐震性能やコストダウンに繋がります。

こだわりのある方には無理かも知れませんが・・・・

是非参考にしてください。

様々な住宅情報を掲載している、

著者HP「住宅基礎net]も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅情報「住宅工法は主に6種類」

住宅を選ぶ際に重要なのが住宅工法。

住宅工法は主に6種類です。

工法簡単な説明
木造 建物の全体を木材で造る日本の伝統的な工法。
木造工法は建物全体が軽く、自由なデザインが可能です。
ただし湿気や火に弱く基礎工事の段階から湿気防止策が必要です。
コンクリートパネル 工場でPC(プレキャスト)と呼ばれる鉄筋コンクリートのパネルを作り、
現場にてパネル同士を接合・連結させ組み上げる工法です。
鉄骨系 木材の代わりに鉄骨などの鉄系材料で建物の骨組みを作る工法。
木材より強度が高く、コンクリートよりも軽いのが鉄骨の特徴です。
ユニット ユニット住宅は工場でパネルを組み立て部屋を造り、現場にて組み立てていきます。
鉄筋系コンクリート 基礎・柱・梁・壁・床を全てをコンクリートで作ることによって、
建物の耐久性・耐震性・耐火性・遮音性能を高く造り上げます
SRC 鉄骨で形を造り、鉄筋を鉄骨に被せながら組み立て、コンクリートで固め骨組みを造ります。
出来上がった骨組みに床・壁などはめ込む工法

詳しい内容などを知りたい方は

著者HP「住宅基礎net]へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »